65sgg・鹿之助ブログ

気になったこと、体験したこと等々日々徒然に書いています。

65s  信じる者は救われる・・。

信じる者は救われる・・。

九星気学・・・・。

九星気学では、人の性質や方位などを九種類の星に割り当てて鑑定します。 九星は、それぞれ象意(イメージ)を持っています。 九星の象意を知ることで、鑑定結果から人の性質や方位の意味をある程度判断できるようになるでしょう。

例えば、本命星が一白水星となる人の性質を知りたい場合、 一白水星には「器に合わせて形を変える」という象意があるので、この人は柔軟な人なのかもしれない…と推定します。

方位についても同様です。 例えば、四緑木星となる方位にはどんな効果があるのか知りたい場合、四緑木星には「社交的」という象意があるので、 その方位に向かえば社交面に何か影響があるかもしれない…と推定します。

 

仕事をしていたころ、気学鑑定を受けてその時々の指示に従って生活をしている 職場の同僚がいた。

話を聞くと妙に納得する事柄もあったりして興味深くその話を聞いていた。

興味深い話の中に方位と時間を鑑定士から伝えられそれにしたがって行動をするというもの・・・、

その行動というのは鑑定士から伝えられた方位にある水場に赴き、伝えられた時刻にその場の水を採取してくるということ。その採取した水は時間を経ても変質(腐らない)とのことで、その同僚の家にはそうして集められた水が傷みもせずある多数あるらしい。

その採取してきた水はどのように使うかと言えばその水を使ってお茶を飲んだり植物の潅水に使ったりするとのこと・・お茶が美味しくなったり、葉艶が良くなったりするといっていた。

 

 

f:id:sika65sgg:20181130233425j:plain・・二黒土星

その中で二黒土星は大地や耕された田畑のイメージです。土がタネや苗を育てたり、 地層が鉱物を生成するように、長い時間を掛けてコツコツと何かを育みます。

先見性もあれば忍耐力もあります。 労働にいそしむ実行者・現実主義者であり、土台を築き、基礎を造ることのできる人です。 「ローマは一日にしてならず」「千里の道も一歩から」を体現できる人なのです。

華やかな目立つタイプではなく、どちらかと言えば地味で目立たないタイプです。

恋愛や夢などを語る際に、ロマンチックさに欠けるきらいがあります。 実務的な内容なら臆せず話せるのですが、愛の言葉や夢物語を話すことが苦手です。相手によっては、 退屈な面白みの無い人物と見られてしまうことがあるかもしれません。

短所を挙げるなら、発想がこじんまりとまとまりがちであり優柔不断なところがあります。 

 

長い時間を掛けてコツコツと 労働にいそしむ実行者・現実主義者であり地味で目立たないタイプです。

・・・・良くも悪くもコツコツと〇〇する奴と言われることは多い。

相手によっては、 退屈な面白みの無い人物と見られてしまうことがあるかもしれません。

・・・・当らずとも遠からず! ジジィになっても人見知り?

短所を挙げるなら。

発想がこじんまりとまとまりがちであり優柔不断なところがあります。 

・・・・優柔不断!  (大当たり!)

 

  See you later!・・・・ f:id:sika65sgg:20181130233425j:plain優柔不断・・ 信じてる者は救われてる。