65sgg・鹿之助ブログ

気になったこと、体験したこと等々日々徒然に書いています。

65s  キャンプ・シーズンイン・・。

啓蟄過ぎて

キャンプ・シーズンイン・・。

f:id:sika65sgg:20181212114555j:plain

ac-illust

 

 

・・・といえば焚き火です。 

f:id:sika65sgg:20190106103805j:plain

PhotoAC

キャンプシーンに欠かせないものは、焚き火です。

 

 焚き火を上手くするって難しいですよね。中々火が点かなくて・・

原因は色々ありますが、抑々、火の取り扱いが下手だから。

最初に細い薪に火を点けるのが上手くいかないから・・。

 

それは火種がすぐに消えてしまうからです。・・・そこで登場するのが

チャークロス・ファットウッド等のティンダーです。 

ティンダー・・・火種、ほくちのことです。ハンドメイドも可能です(チャークロス)。

 

チャークロス・・・・木綿、麻などの布を蒸し焼きにして作ります。

チャークロスとは綿(コットン)100%の布を炭化させた物です。

材料と道具


フタ付きの缶・・・・缶の蓋に小さい穴を開けておきます。
綿 布・・・布も綿100%ならデニムやシーツの切れ端でもいいみたいです

加熱するとこの穴から綿が炭化する際に出るガス(煙)が噴出されます。

缶に布を入れます。


加熱できればガスコンロでもいいけど 

これだから、室内よりは野外で・・。


穴からガス(煙)が出て次第に火を噴き始めます。このガス(煙)は可燃性ガスです。


アウトドアでお願いします。

キャンプに行ったときに次のキャンプの為に作ってください。

煙が出なくなったら火から下ろして冷まします。・・・自然冷却です。

穴に細くした棒などを刺して栓をし冷めるまで待ちます。

缶の穴を塞いでおかないと折角、蒸し焼きにした布が燻りはじめます。

そして、よく冷ましたら完成です。

 

使い方

黒焼きになっている布(5cm×5cm位の大きさ)に火を点ける。

これに麻紐をほぐしたものや枯れ草で包んで
息を吹きかけると発火します

 

ファットウッド・・・松脂の詰まった枝です。

松の木で、その中でも樹脂を含んだ部位をファットウッドと呼びます。

赤松は樹脂の量を多く含んでいるので、最適です。

生きている松の木ではなくて立ち枯れしている松の木です。

点火すると、煤がたくさん出ます。・・この煤は落ちにくいです。

 

・・・赤松の木なら近所にあるから採りに行こう。・・・

山でも、雑木林でもそれを所有している人がいます。

採取するには、所有者の許可が必要です。

許可無く入山したり、採取すると犯罪になりますよ。

 

 ファットウッド探しはトレジャーハンティングの様で楽しいです。

 ・・・所有者の許可が必要です。

面倒と感じるのであれば、ショップから購入できます。

 ファイヤーウッドとかティンダーウッドなどの商品名が多いです。

 

 See you later! f:id:sika65sgg:20181130233425j:plain

f:id:sika65sgg:20190108093558j:plain

PhotoAC 

・・・キャンプに行こう!  f:id:sika65sgg:20181212114555j:plain

 

☆ ☆ありがと。