65sgg・鹿之助ブログ

気になったこと、体験したこと等々日々徒然に書いています。

ハスクバーナ 254XPT 2台目

今回写真はありません。

ハスクバーナ254XPT・2台目に着手。

この254XPTは、焼き付きがなさそうだったので

キャブ分解清掃と点火プラグ、燃料ホース・フィルター、キャブシールカラー

交換をした。

デコンプが無いにも拘らずスターターロープの引きが?と感じた。でも、

火は飛んでいるし、燃料も入れたし・・当然エンジンは始動した。

しかし、アイドリングが続かない・・・チョット不安

アイドルスクリューをすこ締め込み再度始動。

やっぱり続かない。・・・おかしい?

そのうちにロープを引けども始動せず、やっぱりおかしい。

ロープを引いた時の音が変わってきて2種類の音になった。・・ますますおかしい。

更に、マフラーの取り付け部分が異常に湿っている・・・これもおかしい。

2種類の音になったこと。異常に湿っていることから・・・。

外からは見えないところが焼きついている可能性が出てきた。(と思う)

即、バラシました。

やってました、ピストンの焼き付き、それも前回のより重症。

でも幸い、シリンダーの内壁はそれほどでなく、軽くペーパーを当てれば

原因が判明したけれど、修理予算オーバーのため来月までこのまま保管。

今回の教訓 

ロープを引いた時の音が変わってきて2種類の音になる。

・・・・これは注意してよく聞けばその違いがわかる。

マフラーの取り付け部分が異常に湿る。

・・・燃料を溢した時の様に湿っている。

この症状の時は多分、重症の焼き付きです。

2種類の音の話は次回・・。